札幌パソコンかけこみ寺の住職おーさわによる、半分冗談で半分マジメな業務日報。パソコンの修理やサポート、ホームページ作成やネットショップ開設に関する情報も満載(の予定)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン修理屋で起業したいなら悪質な同業者の逆を行け!

えー・・・皆様・・・



あけましておめでとうございます!!\(^o^)/



今年もよろしく・・・



え?・・・なんですって?



「お前!ブログ書くの8月以来だろう!!」ですって?(笑)



そうです・・・ね・・・ははは・・・・

放置して、すいませんでした!!!!

あの、言い訳させていただくと、今、私の事業とか趣味とか、

ホームページとブログの数が増え続けていて、

さすがに手が回ってない状況でして・・・

ブログは一つに統一する予定ですので、

もしかすると、ここのブログもどこかで閉鎖するやも知れません。

そのときは、新しいブログでパワーアップしますんで、

そのときは、またお知らせします!



そんなわけで、せっかく久々のブログですので、

ちょっと真面目な話を・・・



たまに、若い方から「パソコン修理屋になりたい」という相談をされることがあり、

それは聞く相手を間違えてるだろう!と思うことがあるんですが(笑)

冗談はさておいて、パソコンが得意な方とかは、

プログラマーとかSEではなく、サービスとしてパソコンの仕事につきたいと

考えている方がいることは、嬉しい限りです。



同業が増えたら、仕事減って困るだろう?と思われるかもしれませんが、

むしろ、この業界は成熟期に入ってますので、

逆に同業が減るということは需要が減って衰退を迎えているという判断になり、

ましてや、地域に真っ当なパソコンサービスマンがいないと、

安心してパソコンを使えないことになり、

より一層、パソコン離れが進む結果になってしまいます。



だから、私はサービスがきちんと出来る同業者が増えてくれたほうが

業界全体としても非常にありがたいと考えています。

と言うのも、うちのホームページで悪質な業者の手口を紹介していることもあり、

お客様を馬鹿にした、真っ当な客商売とは思えないことをされたお客様から

相談を受けることがあります。

そして、その数は決して少なくないのが現状です。



そんな現状もあるものですから、パソコン修理屋とか、

パソコンサポートの仕事をしたいと相談に来る方には、


「パソコンの技術はもちろん必要ですけど、

 お客様に喜ばれるサービスを作り、広めることができる能力のほうが、

 これからは必要です」



と伝えています。



相談に来る方は「どんな技術が必要か?」「どんな道具が必要か?」

といった部分ばかりを相談してきますが、

技術や道具は後からいくらでも付いてきます。

それよりも、本当にお客さんに喜ばれるメニューを考えて、

この人なら安心できると思われる対応をして、

それらを確実に広められるマーケティングができないと、

いくら技術力があっても、何も伝わりません。



これからの時代は、モノじゃなくココロを伝える時代です。

商品や技術ではなく、貴方のお客様を満足させられるココロが重要です。



確かに、パソコンサービス業は、シニア世代の方々がパソコンを使っているとはいえ、

20代のパソコン離れが進んでいる以上は、成熟期を迎えています。

しかし、ココロを伝えられる今の時代にマッチしたサービス

提供できている業界ではないと思います。

だからこそ、参入の余地は、まだまだあります。


なぜ、そう言えるかといえば、同業者に馬鹿にされて相談に来られたお客様の話を聞くと、

満足にお客様に敬意を払えない、時代遅れの悪質な業者が多いからです。

(言い過ぎかもしれませんが、事実です)



だからこそ、自分ならお客様に喜んでもらえる!という自信があるのでしたら、

まだまだチャレンジできる業界だと思います。

むしろ、真っ当なサービス業として展開してくれる同業者に増えて欲しいです。



「真っ当な同業者が増える」ということは、仕事が減るのではなく、

「新しいサービスの時代が訪れる」ということです。

新しい時代を作りたいと思うのでしたら、是非、前に進んでみてください!

「私と一緒に!」と言うと、胡散臭いんで言いたくありませんが(笑)

私も新しい時代を作りたいと願う中の一人です。



同業を目指したい方は、メールで相談に応じます!

うちのホームページのお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!

もちろん、お金は取りません(笑)
スポンサーサイト

無料や市販のデータ復旧ソフトでデータは取り戻せるか?

2600万人のパソコンかけこみ寺ファンの皆様、お待たせしました。

今日も、月刊おーさわブログの更新がやってまいりました。

え?・・・誰も待っていない・・・?

ええ、知ってますとも。

横のアクセスカウンターは3000を超えましたが、

開設したのが2012年の9月ですから・・・ちょうど2年位。

1年で1500人と考えると、1ヶ月125人。


つまり!!


1日の訪問者数



4人!!



・・・

計算しなきゃよかった・・・(´Д`)




皆様御機嫌如何でしょうか?

孤高のブロガー、おーさわです(笑)

最近は、新しく始めたこっちのブログのほうが人気です・・・

ハンター王に!俺はなるっ!




さて、今日は真面目に、データ復旧の話をしたいと思います。




データ復旧ってなんぞや?と言いますと、

例えば壊れて起動しなくなったパソコンからデータを救出したり、

消してしまったデータを復元したり、

デジカメやスマホの画像が急に消えた!ってときに復元したり、

そんなお仕事でして、うちでもパソコンかけこみ寺とは別に、

PCデータ復旧堂という、データ復旧に特化した事業を展開しています。


取り出せなくなったり、消えてしまった思い出をなんかを取り出す仕事なんで、

けっこう、皆様方から喜ばれる事が多く、

例えば・・・


・結婚を控えたカップルが、式で使おうとしていた写真を入れたパソコンが壊れたのでデータ復旧

・パソコンでイラストを書く漫画家さんの壊れたパソコンからイラストを復旧

・彼女と言った旅行の写真が消えてしまったのでSDカードから復元

・妻の出産写真がスマホから消えたので復元

・ハンディカムで撮影した子供の動画をパソコンに送ったら何故か消えたので復元


といった、リア充・・・おっと、失礼しました・・・

人生の思い出の瞬間を取り戻すという、

素敵な仕事をしています!!



できれば、自分もそんな素敵な瞬間の写真を撮りたい!!!!



・・・



取り乱しました・・・すいません・・・^^;



で、話は実際にデータ復旧のご依頼をいただく際のお話になるのですが、

けっこう、自分でなんとかしようとして、失敗するケースを昨今お見かけします。


と言いますのも、最近、フリーソフトでデータ復旧ソフトが出まわっており、

それを使えば、間違って削除したファイルとか、いきなり消失した写真なんかを取り戻せる

みたいなことで紹介されているんですが・・・

こういった巷に出回っているデータ復旧ソフトを使ってもダメでした・・・と、

こちらに依頼が来るケースが増えています。


実は、私も実験的に無料のデータ復旧ソフトや、

市販されているデータ復旧ソフトで、どこまで復旧できるか、

かなりの種類のソフトを検証
したことがあるんですが、

ごく軽度なデータ障害・・・たとえば、間違ってゴミ箱に入れて消してしまったとか、

さっきデータを削除したばかりといった内容でしたら

無料のソフトでも復旧できる可能性は高いのですが、

正直、ソフトによっては酷い復旧率のものも多いです。


更に、復旧ソフトを使ったけどダメでした!というお客様のデータは、

復旧ソフトを使ったがゆえに、データの損傷が進み、

こちらで復元を試みても、20%程度のファイルが復元不可能になっているケースが多く、

酷いものになると、50%以上のファイルが完全に破壊されているというケースも見受けられます。


そして、もうひとつの問題が、復旧ソフトの使い方自体を誤っていることも多いです。


例をお話すると・・・


パソコンから消えたデータを取り戻そうとして、復旧ソフトをインストール


これの何がダメかというと・・・


・これから復元するデータの上に、インストールしたソフトが被さって復元不可能になる

・復元失敗したデータでもパソコンに上書きされてしまい、元データが消失し、それ以上の復元が不可能になる

・古いパソコンだと、まともに復旧が進まず、データ復元が失敗して、それ以後の復元が困難になる


単刀直入に言ってしまうと、

無料ほど高いものはない。

そして、市販のソフトを買えるお金があるなら

そのお金を少し足せば、プロに依頼ができる。


僅かなお金をケチって、想い出がすべて消えてしまったケースも数多く見てきました。

そうなると、いくらお金を払っても取り戻せなくなるので、

データ復旧は慎重におこなったほうが得策です。

LINE乗っ取りとアダルトサイト架空請求画面は甘く見ない方がいい

どもども、皆様、御機嫌如何でしょうか。

月刊・・・のはずが、色々とお伝えしなくてはならない事があったので、

臨時創刊号ブログを発行することにしました、

パソコンかけこみ寺、住職のおーさわでございます。



まず最初に・・・



らーめん食堂「楽山」の大将!!

復活おめでとうございます!!!


rakuzan.jpg



ご病気されてから、代わりの方が作られていたり、休みがちでしたが、

7月5日!!ついに復活!!初日に行ってきました!!

いやあ・・・やっぱり美味い!!!

本当は、この話で今日は2時間くらい、お届けしたいんですが、

タイトルと関係ない内容なので、このへんでやめときます(笑)


楽山に関する詳しい情報は→ http://tabelog.com/hokkaido/A0103/A010303/1038430/




で、話はいきなり逸れましたが(笑)

本題に入りたいと思います。




昨今、ネット上を騒がしている、LINE乗っ取り事件

要は、LINEのアカウント乗っ取られて、

友達に「Web Moneyを代わりに買ってきて欲しい」とメッセージを送り、

騙し取るという詐欺ですが、普通に「LINE乗っ取り」で検索すればヒットしまくりますし、

最近はfacebookやtwitter上でも、乗っ取られたと!いう書き込みがされていて、

かなり、尋常じゃ無い広がりをみせています。




で・・・

ここで、私ごときが何をお伝えしたいかというと、

乗っ取られてからの対処方法は、ネット上でも色々と情報交換され、

中には面白おかしくネタにしているようでもあるのですが、

それ以前に、「なんで乗っ取られたか?」というところも考えないと、

笑い話では済まないと思うんですよね・・・




意外に闇は深いですよ。




そもそも、最近のアカウント乗っ取りが、どのようにされるかといえば、

昔は、メールアドレスをパスワードを、アルファベットの組み合わせ総当りするプログラムなんかあって、

それで、上手くヒットしたら乗っ取られる・・・的な手法もあったんですが、

恐ろしいまでの時間と労力がかかりすぎて、

だったら、どうやって個人からアカウントを盗むか?ってことにシフトチェンジされてきたわけです。




ここで、よく勘違いされるのが、アカウント情報が盗まれたのは、

自分のパソコンや携帯にに何者かが侵入して、盗みとったに違いない!と思われることなんです。

確かに、そういうケースもありますが、今増えているのは「リスト型」という乗っ取り方法なんですよね。

「リスト型」て、なんぞや?と言うと、まず、この乗っ取りが成立するには下の条件が必要になります。


・LINEやfacebookや楽天などのアカウントを同じIDとパスワードにしている。

・自分の登録したアカウント情報が、人知れず個人情報漏洩されている。


簡単にいうと・・・


1.今の時代、色んなサイトにアカウント登録しているから、

  全部、同じIDとパスワードにしている人が多い。


2.だったら、どれか一つでもアカウントのIDとパスワードを手に入れれば、

  その人が登録している、ありとあらゆるサイトにログインできるようになる!


3.じゃあ、どうやってIDとパスワード手に入れるかって?

  さすがに楽天とかfacebookだと、セキュリティが強固なんで、

  そこから情報を漏洩させるのは不可能に近い。


4.しかーし!!セキュリティの甘い会社とか個人が運営しているサイトなら、

  そこの社員にちょっと金を渡せば、サクサクっと登録者の情報を渡してくれる。

  セキュリティが甘いから、情報漏洩してることすら、その会社は気づかない!


5.あとは、簡単!手に入れた登録者のIDとパスワードをLINEに入力していけば、

  同じIDとパスワード使いまわししてる人のアカウントにログイン成功!!


いたって簡単極まりない方法で、アカウントを乗っ取っています。

てことは、アカウント乗っ取られた人は、他のアカウントのIDとパスワードも

大至急、変更した方がいいってことです。





これと同様に、リストを手に入れて、更にレベルアップをしたのが、

アダルトサイトの架空請求です。

間違って登録したことになってしまい、パソコンの画面に登録料請求画面が

強制表示され、しかも消えないっていう、男性にはお馴染みの架空請求画面です(笑)

これって、さも登録者の情報は全て知っている!的な脅し文句書かれていますが、

通常ですと、住所も名前も電話番号も分かるはずがないので、

ほっといても、本当に請求されたり、裁判になったりすることはなかったんです。

しかし最近は、本当に自分の家に請求書が届いたり、裁判を起こされたりしているケースが稀に存在しています。

相談された弁護士が調べてみると、他のサイトに住所などを登録して、

そこのサイトが、アダルトサイト業者に名簿を渡していたらしく、

パソコンのIPアドレス(パソコンの住所みたいなものです)が一致すると、

その住所めがけて実際に請求を送る。

これも、顧客情報を流出させた「リスト型」の手法です。




よく、大きい企業が個人情報流出すると、記者会見して謝ったりしていますが、

正直、中小零細企業・・・・ましてや個人運営のサイトで

まともなセキュリティで個人情報を関している会社がどれだけあるか、私は疑問です。





第一に、社員が勝手に名簿を持ちだしても、分からない会社がほとんどじゃないでしょうか。

私自身、仕事柄、色々な企業に出入りしていますが、

正直に言うと、まともにセキュリティ・・・どころか、ウイルス対策すらしていない会社も少なくなく、

しかも、会社のデータは家に持ち帰り放題・・・

今回のLINE乗っ取り事件のように、被害が拡大しているのは

アカウントを登録している側が思っている以上に、IDとパスワードは簡単に漏洩しているということです。




と、同時に、LINEが乗っ取られた!と、twitterやfacebookに書くということは、

その人のIDとパスワードはセキュリティが甘い、

または漏洩しやすいサイトに登録されている可能性があるということを

一般に告知しているのと一緒です。


つまりは、「私の家は鍵が壊れているんです」と書いているようなものですから、

また、狙われてもおかしくないんじゃないか・・・

私なりに、そんな心配が拭えない、今日この頃です。

住職という肩書が困る日。そして狩猟免許を取る住職・・・

皆様、1ヶ月ぶりに、こにゃにゃちわ。

パソコンかけこみ寺の住職をやっております

おーさわと申すものです。




実は、私の名刺にも肩書は「住職」としてあるのですが、

だいたい、お客様に名刺を渡すと

「え!?お寺もされてるんですか!?」と驚かれ、

「いえ・・・かけこみ寺なんで・・・シャレというか・・・」と答えると

「ああ!なるほどね!」とシャレを分かってくれるのですが、

たまに、大きな会社の立派なオフィスなんかに通されて、

偉い方に名刺を渡さなきゃならない時は、正直に言いますと、

「この社長さんは冗談・・・通じるんだろうか・・・」と、ちょっとドキドキします(笑)

そんなわけで、最近、この肩書・・・やめようかどうしようか・・・

思い悩む、39歳初夏のことでございます^^;



まあ、そんな話はさておき・・・



実は私、昔から狩猟に興味がありまして、

この度、猟銃所持許可と狩猟免許を取ろうと動いております!

なんでまた、ハンターに!?と言われるんですが、

以前から、60歳になったらハンターになって、シビエ料理をするのが夢だったんですが、

考えたら、体力の落ちた60歳から始めるより、

体力がある今のうちに始めたほうが良いか・・・と、急に思い立って行動に移しました。




というか、最近、何屋を目指してるんだ!?と、よく知り合いから言われるんですが、

こんな事業も始めました・・・

札幌IT探偵調査局

札幌IT探偵調査局という、家出人や行方不明者、浮気調査などを

従来の尾行などの探偵術の他に、

パソコンかけこみ寺やPCデータ復旧堂で培ってきた、

PCやSDカードなどの情報解析技術を駆使して、

情報や証拠を収集できるデジタル調査術を取り入れた探偵です!

家出人捜索や浮気調査だけではなく、

家庭型盗聴器発見や、防犯カメラの画像解析などもおこなっていますが、

じつは・・・これらの依頼内容は、パソコンかけこみ寺で既に対応してきた内容でして、

そういったニーズにも応えられることをメインに押し出すために

札幌IT探偵調査局という独立した事業を作ってみました。



そんなわけで・・・

パソコンかけこみ寺・・・以外にも

データ復旧事業、遺品整理事業、探偵事業と・・・

何屋やねん!!と言われることも多いですが・・・

私、自由業なんで・・・(笑)




そんなわけで、次はハンター業にチャレンジです!

あ・・・ハンター用のブログを作らなきゃ!

(このブログも大した更新してないのに・・・(笑))

詐欺ソフト感染の猛威は最早、ウイルス並み!予防方法は!?

皆さん、1ヶ月ぶり・・・

いや・・・2ヶ月ぶりですね(^_^;)

御機嫌如何でしょうか?

札幌パソコンかけこみ寺で住職をやっている大沢と申すものです。




まあ、1ヶ月ぶりも、2ヶ月ぶりも大した変わらないから・・・とか言ってる段階で、

最近流行りの、意識低い系社長とか真面目系クズと思われそうですが、

いや・・・ちょっと忙しかったんですよ!本当に!!

例のWindowsXP問題で、駆け込み需要があって、設定依頼が増えたり、

この件で、いきなりNHKテレビから取材の申し込みがあったり・・・




いや・・そうなんですよ!NHKテレビに出たんですよ!(笑)

いやいや!!本当なんです!!

最初、「NHKです」って電話来た時は

「受信料、払ってるのに・・・」と思ったんですが(笑)

取材の依頼だったんです!

下は証拠画像です!



nhk2.jpg


この、インチキ臭いニヤけた顔が全道のお茶の間に流されたかと思うと、

恐ろしい気もしますが・・・(^^ゞ

これで、HBCテレビさんに引き続き、2度めのテレビ出演・・・

えー・・・

次は、STVさん・・・連絡待ってます(笑)



冗談はさておいて(NHKに出たのは本当です!←しつこい)

今日は、依然と猛威を奮う詐欺ソフトの感染について真面目に書きたいと思います。

NHKテレビに出演するくらいですから、やっぱり真面目なネタを書いて

他のテレビ局にもアピールしなくてはならないので・・・(笑)



詐欺ソフトって何?という方もいると思うので簡単に説明すると・・・



2_error_found_ja.jpg


いつの間にかパソコンに入り込んで、パソコンを起動する度に、

上のような画面が表示されて、あたかも大量のエラーがパソコンにあると表示

修正するためには有料版を買いなさいという、いわゆる身代金要求型の詐欺プログラムです。



この手の詐欺プログラムには種類があって、

パソコンの偽エラーを表示して脅す他に、偽ウイルスに感染

インターネットのホーム画面を強制的に変えるインターネット乗っ取り型や、

インタネット上の広告でパソコンが壊れているように見せかける詐欺広告型など、

有料版を買わせるために、脅しをかける手口が増えています。



感染経路は無料ソフトにくっついてくる場合や、

ダウンロードボタンに偽装された広告を騙されてクリックしたり、

感染したサイトを見ただけで入り込んでくる、コンピュータウイルス並みの

感染力を持つものもあり様々でして、

中には有名ソフトに偽装されているものもあるのですが

これらが入り込むと、著しくパソコンの速度が低下したり、

インターネットのホーム画面が変更できないや、

最悪、パソコンのシステム破壊まで繋がる恐れがあります。




どんな種類があるかというと・・・代表的なものの一部を並べてみると・・・

・Uniblue RegistryBooster
・PC Power Speed
・PC Power Speed
・Registry Reviver ReviverSoft
・PC PERFORMER
・RegClean Pro
・Advanced System Protector
・SpeedUpMyPC
・inbox
・24x7 Help
・MyPcBackup
・Antivirus Security Pro
・Disk Antivirus Professional
・Hao123

これらはごく一部の詐欺プログラムですので、まだまだたくさんあります。



で・・・

ここからが問題なんですが・・・



これらの詐欺プログラムは、

ウイルス対策ソフトをパソコンに入れていても

すり抜けて入ってきます!




よく、これらのプログラムに感染したお客様に言われるのが

「ウイルスバスター入ってるのに!」

※ウイルスバスターだけじゃないんですが、使ってる方多いんで^^;



ただ、ウイルス対策ソフトなどのセキュリティソフトは、ウイルスと認定したものだけを

検知して駆除するので、これらの詐欺プログラムはウイルスとしてではなく、

単なる一般的なソフトとして認識してしまいます。

ましてや、無料ソフトを自分でダウンロードして一緒に入れてしまっているので、

ユーザーが許可して入れたものと判断するので、

ご主人様のお客さんですか!どうぞうどうぞ!いらっしゃいませ!

と、ウイルス対策ソフトは判断します(笑)



ですから・・・

セキュリティソフト等で対策はできません!!




つまり、入ってこないようにするには




自己防衛しか無いのです!!



なんとも無責任のような発言ですが・・・(´・ω・`)




正直、詐欺プログラムに感染したお客様は、

複数の詐欺プログラムに感染しているケースが多く

多い人で、20~30個の詐欺プログラムが入り込んでいることも少なくありません。

要は、何が悪いかわからないまま、ダウンロードや悪質なサイトへの訪問を繰り返してしまい、

大量感染を引き起こしてしまっています。




で、更に悪いのが・・・



一度、感染した人は、繰り返し感染する可能性が高いです!



一旦、削除しても、結局は自己防衛の手段がわからないので、

また同じようなサイトを訪問したり、ダウンロードを繰り返し、

再感染する
方も多く、そういった方の多くは

「お宅に駆除してもらったけど、また表示された!」

駆除失敗だろう!?みたいな言い方をされる方もいるのですが、

詐欺プログラムのインストール日時を見ると、ほぼ100%が再感染です。



正直、対処方法は自己防衛しか無いので、

自分のインターネット上での

行動パターンを改めてもらうしかありません。




・無料ソフトのダウンロードはしない

・偽装ダウンロードボタンに騙されない

・偽装広告にだまされない

・怪しいサイトには行かない



特に「無料で音楽がゲット!」とか「無料ゲーム」とか、

人々の心をくすぐるものに入り込んでいることが多いので

できるだけ、そういったものを手に入れるのは控えて

自己防衛してほしいのですが・・・

と言っても・・・すでに、そういったものに興味を持っているので、

やめるわけにはいかない・・・

まさに、麻薬のように同じ行動を繰り返し、再感染してしまうのが実状のようです・・・



アダルトサイトの振り込め詐欺広告が急に表示されるのと、似たところがあるかもしれません。

人々の中毒性や不注意を利用した悪質な手口なのですが、

現実世界と同じく、詐欺に合わないためには

自分の身は自分で守るしか無く、知識を増やすしか無いんですよね。



本当に、この手の詐欺ソフトの感染は減らないのが現状ですので、

皆さん、お気をつけ下さい・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。